吉田病院TOP > 外来のご案内 > 各部署紹介 > 看護部

看護部

看護部

看護部について

看護部について

看護部の理念
みなさまの人格と意思を尊重し、真心を込めて看護します。

基本方針
  • ・ 患者さまを生活者ととらえ、保健、医療、福祉を通して、生涯にわたって支援します
  • ・ 患者さまの尊厳を守り、意思に寄り添う看護を行います
  • ・ 地域と連携し、地域で求められる役割を果たします
  • ・ 業務の標準化を図り、均一な看護サービスの提供に努めます
  • ・ より質の高い医療・看護を目指し、自己研鑽いたします
  • ・ 医療安全の意識を高め、事故防止に努めます
  • ・ コスト意識を育て、経営の健全化に参画します
  • ・ 日々、感性を磨き、人としての向上を目指します


看護部長

看護部長 林惠子

 吉田病院看護部の理念は「みなさまの人格と意思を尊重し、真心を込めて看護します。」です。この理念を基に、私たちは患者様との一瞬一瞬の出会いを大切にして、その場で患者様のためにどうあるべきか、何が最善かの判断ができ、適切な看護を提供することを目標にして、日々患者様と接しています。そして看護の質の向上のために、一人ひとりの職員が自信をもってレベルの高い安全安楽な看護実践ができるように、常に学習をしています。
 また看護師以外の職種とも連携して、安全対策、感染対策、栄養管理・褥瘡対策、緩和ケア、退院支援などに力を入れてチーム医療を推進しています。このような看護活動の中で、私たちの強みは『どんな時にも患者様を中心に考え、行動できるチームワークの良さ』です。患者様のために必要なケアは何かを皆で検討し合い、速やかに実施することや、昼夜問わずいつでもお互いに大変な時は助け合い、部署を超えて支え合う風土があります。
 また子育てや親の介護、趣味や進学等しながらも、生活を大切にしつつ働き続けられるようにワークライフバランスを重視しております。「困ったときはお互い様」を合言葉に、それぞれが一人の大切な存在として充実できるように仕事以外の部分にも配慮し合うようにしています。 すべての患者様が吉田病院でケアを受けて良かったと感じていただけることが私たちの願いです。患者様に満足いただけるように、相手の立場に立って感じ・考え、心づかいのできる職員であるように看護部一同、より一層努力いたしますので今後ともよろしくお願いいたします。

病院概要

患者平均数(1日平均)

入院患者数 230名
外来患者数 190名

看護体制

一般病棟  10対1
障がい者施設等一般病棟  10対1
緩和ケア    7対1
地域包括ケア  13対1

看護方式

チームナーシング

勤務形態

2交替制

看護部職員数

看・准看護師 157名
看護補助者   43名

2020年4月30日現在

チーム医療

緩和ケアチーム「ほほえみ」の紹介

 「緩和ケア」は、がんや病気の治療の初期段階から行う、身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛を和らげるための医療です。慶友会吉田病院緩和ケアチームは2010年7月より、医局、看護部、相談課、栄養課、リハビリ課、薬剤課が協働し、毎週多職種カンファレンスを開催し、緩和ケアチーム「ほほえみ」検討しながら活動しています。「私たちは、チームで患者さん・ご家族のつらさの緩和、より良い生活を目指し支援致します」をモットーとしています。
 「辛い症状の緩和、生活がしやすいような工夫」を目指すことをお伝えし、同意が得られた患者さんに対し、支援させて頂いております。現在は、入院療養の患者さん、外来通院中の患者さん、訪問看護のサービスを利用しながら療養されている患者さんの支援をさせて頂いております。対象となる方は、がん患者さん、慢性疾患で症状が辛い患者さんを中心に、診断時から最期の看取りの時期まで対応しております。患者さん、ご家族の方、ケアに難しさを感じている医療チームの皆様の相談をお受けしますので、医師、看護師、相談員に気軽に声をかけて下さい。どうぞよろしくお願い致します。

看護師(緩和)

D-NSTチーム活動紹介

 Decubitus ulcer(褥瘡対策チーム)はH14年に褥瘡対策委員会が発足、Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)は、H18年にNST委員会が発足してから活動を行っています。
 NSTの目的は、栄養状態を判定し、その患者様に最もふさわしい栄養管理を指導・提言することで患者様の治療、回復、退院、社会復帰を支援し、更に各委員会との連携、相互協力をすることです。褥瘡治療には栄養管理が不可欠であり、H23年より連動して活動しています。
 当院は、日本経腸静脈栄養学会認定NST稼働施設であり、医師をはじめ、管理栄養士、薬剤師、看護師、言語聴覚士、臨床検査技師のメンバーで、NST回診や症例カンファレンスを活発に行っています。(NST専門療法士3名が在籍しています。)栄養、食事、嚥下に関する事、また、経腸栄養や静脈栄養について興味ある方は、是非、一緒に活動していきませんか?
 また、皮膚・排泄ケア認定看護師、日本褥瘡学会認定褥瘡看護師、創傷オストミー失禁管理学会臨床スキンケア看護師と専門資格を持つ看護師とNST専門療法士が、病棟看護師やコメディカル職員の協力のもと、褥瘡回診に回っています。褥瘡治療に興味のある方も御一緒してみませんか?
 頼られるD-NSTを目指し、切磋琢磨して勉強していけるよう活動しています。

看護師(NST)
D-NST委員会専任委員 森千秋(写真:右)

ICT(感染対策チーム)活動紹介

 ICT(Infection Control Team:感染対策チーム)とは、院内で発生するさまざま感染症から患者さんやご家族様、職員を守るために活動を行う組織です。チームは医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、感染管理認定看護師(ICN)等、多職種で構成され組織横断的に病院全体の感染対策活動を行っています。
 ICT(感染対策チーム)活動内容は、「院内の感染症発生状況を把握しアウトブレイクの早期発見と対策」、「定期的に院内ラウンドを行い現場の監視と指導」、「薬剤耐性菌や中心静脈血流感染等の監視(サーベイランス)」、「感染対策の研修の実施」、「院内感染対策マニュアルの作成」、「職員の感染対策」、「感染症や感染対策に関する相談の対応」等です。また病院外では、慶友会グループの老人保健施設等に対しての感染対策の研修や相談の対応も行っています。 感染症は診療科や老若男女も問わず全ての人に関わる可能性があります。近年は新たな薬剤耐性菌や新型のウイルスの出現の話題も聞かれ、感染対策は益々重要になってくると考えられます。我々ICTは院内全ての部署と協力し、出来る限り院内での感染症の発生を抑え、安心/安全な医療を提供できるように努力いたします。

看護師(ICT)
ICT 感染管理認定看護師 前川浩亮(写真:左手前)

2020年度 看護部の目標

<活動方針>

・職員がやりがいを感じる看護ができるように、働きやすい環境・業務の改善と個々の能力開発に努め、患者が求めている看護、人格と意志を尊重し、真心を込めた看護を提供する

・適正人員配置強化と身体抑制0を目指し、患者満足度向上に繋げる


看護部目標(バランスト・スコア・カードにて維持・管理)

1.財務の視点
(医業収支の改善)

  • 医療消耗品、薬剤等の適正在庫管理

2.顧客の視点
(患者満足度向上、職員やりがい度向上)

  • 患者ニーズへの積極的対応
  • 丁寧な説明・安全安楽確実なケア
  • 認知症、せん妄の適切なケア
  • チームカンファレンス
  • 看護師の看護観の確立

3.業務プロセスの視点
(チーム医療、看護の質向上、5S活動)

  • 多職種との情報共有、連携強化
  • アセスメント能力の強化
  • 安全・安心・確実なケアの実施
  • 適正人員補充、配置
  • 5Sによる業務整理・環境整理
  • 看護業務負担軽減・労働環境の整備

4.学習と成長の視点
(人材育成、接遇・倫理的思考の向上)

  • 外部研修活用
  • 院内研修内容の充実、参加しやすい工夫
  • 症例研究発表奨励
  • 接遇・倫理的配慮の教育強化

看護部師長一同

看護師(緩和)

看護部長・看護副部長一同

看護師(緩和)

Page Top