吉田病院TOP > 外来のご案内 > 各部署紹介 > 看護部

看護部

看護部

看護部について

看護部について

看護部の理念
みなさまの人格と意思を尊重し、真心を込めて看護します。

基本方針
  • ・ 患者さまを生活者ととらえ、保健、医療、福祉を通して、障害にわたって支援します
  • ・ 患者さまの尊厳を守り、意思に寄り添う看護を行います
  • ・ 地域と連携し、地域で求められる役割を果たします
  • ・ 業務の標準化を図り、均一な看護サービスの提供に努めます
  • ・ より質の高い医療・看護を目指し、自己研鑽いたします
  • ・ 医療安全の意識を高め、事故防止に努めます
  • ・ コスト意識を育て、経営の健全化に参画します
  • ・ 日々、感性を磨き、人としての向上を目指します


看護部長

看護部長 林惠子

 吉田病院看護部の理念は「みなさまの人格と意思を尊重し、真心を込めて看護します。」です。この理念を基に、私たちは患者様との一瞬一瞬の出会いを大切にして、その場で患者様のためにどうあるべきか、何が最善かの判断ができ、適切な看護を提供することを目標にして、日々患者様と接しています。そして看護の質の向上のために、一人ひとりの職員が自信をもってレベルの高い安全安楽な看護実践ができるように、常に学習をしています。
 また看護師以外の職種とも連携して、安全対策、感染対策、栄養管理・褥瘡対策、緩和ケア、退院支援などに力を入れてチーム医療を推進しています。このような看護活動の中で、私たちの強みは『どんな時にも患者様を中心に考え、行動できるチームワークの良さ』です。患者様のために必要なケアは何かを皆で検討し合い、速やかに実施することや、昼夜問わずいつでもお互いに大変な時は助け合い、部署を超えて支え合う風土があります。
 また子育てや親の介護、趣味や進学等しながらも、生活を大切にしつつ働き続けられるようにワークライフバランスを重視しております。「困ったときはお互い様」を合言葉に、それぞれが一人の大切な存在として充実できるように仕事以外の部分にも配慮し合うようにしています。 そんな私たちの最近一番の変化としては、ユニフォームのリニューアルです。看護師・看護補助者共に動きやすく、おしゃれなデザインと色になりました。ユニフォームを変更してから、心なしか今までより職員の表情は明るく、胸を張ってさっそうと歩く姿が増えたように思います。こんな職員が外来や病棟で常に患者様・ご家族様の方々のおそばで、看護させていただいております。 すべての患者様が吉田病院でケアを受けて良かったと感じていただけることが私たちの願いです。患者様に満足いただけるように、相手の立場に立って感じ・考え、心づかいのできる職員であるように看護部一同、より一層努力いたしますので今後ともよろしくお願いいたします。

病院概要

患者平均数(1日平均)

入院患者数 240名
外来患者数 220名

看護体制

一般病棟  10対1
障がい者施設等一般病棟  10対1
緩和ケア    7対1
地域包括ケア  13対1

看護方式

チームナーシング

勤務形態

2交替制

看護部職員数

看・准看護師 148名
看護補助者   49名

2018年4月1日現在

チーム医療

緩和ケアチーム「ほほえみ」の紹介

 「緩和ケア」は、がんや病気の治療の初期段階から行う、身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛を和らげるための医療です。慶友会吉田病院緩和ケアチームは2010年7月より、医局、看護部、相談課、栄養課、リハビリ課、薬剤課が協働し、毎週多職種カンファレンスを開催し、緩和ケアチーム「ほほえみ」検討しながら活動しています。「私たちは、チームで患者さん・ご家族のつらさの緩和、より良い生活を目指し支援致します」をモットーとしています。
 「辛い症状の緩和、生活がしやすいような工夫」を目指すことをお伝えし、同意が得られた患者さんに対し、支援させて頂いております。現在は、入院療養の患者さん、外来通院中の患者さん、訪問看護のサービスを利用しながら療養されている患者さんの支援をさせて頂いております。対象となる方は、がん患者さん、慢性疾患で症状が辛い患者さんを中心に、診断時から最期の看取りの時期まで対応しております。患者さん、ご家族の方、ケアに難しさを感じている医療チームの皆様の相談をお受けしますので、医師、看護師、相談員に気軽に声をかけて下さい。どうぞよろしくお願い致します。

看護師(緩和)

NSTチーム活動紹介

 Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)は、H18年にNST委員会が発足してから活動を行っています。NSTチームNSTの目的は、栄養状態を判定し、その患者さんに最もふさわしい栄養管理を指導・提言することで患者さんの治療、回復、退院、社会復帰を支援し、更に各委員会との連携、相互協力をすることです。
 当院は、日本経腸静脈栄養学会認定NST稼働施設であり、医師をはじめ、管理栄養士、薬剤師、看護師、言語聴覚士、臨床検査技師の多職種で、NST回診や症例カンファレンス、委員会活動を行っています。内、2名はNST専門療法士を取得しチームの質の向上に繋がっています。また、褥瘡対策委員会と連動し、医大皮膚排泄ケア認定Nsが1回/月加わり、褥瘡回診を行っています。持ち込み褥瘡(入院時すでに褥瘡がある)が多いですが、治療、専門的なケア、栄養サポートにより、褥瘡治癒率は向上し、発生率は低下している現状です。高齢社会における昨今、益々栄養管理と褥瘡対策は重要となります。患者さんが笑顔になれるようチーム一丸となって努力していきます。

看護師(NST)
D-NST委員会専任委員 森千秋(写真:右)

ICT(感染対策チーム)活動紹介

 ICT(Infection Control Team:感染対策チーム)とは、院内で発生するさまざま感染症から患者さんやご家族様、職員を守るために活動を行う組織です。チームは医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、感染管理認定看護師(ICN)等、多職種で構成され組織横断的に病院全体の感染対策活動を行っています。
 ICT(感染対策チーム)活動内容は、「院内の感染症発生状況を把握しアウトブレイクの早期発見と対策」、「定期的に院内ラウンドを行い現場の監視と指導」、「薬剤耐性菌や中心静脈血流感染等の監視(サーベイランス)」、「感染対策の研修の実施」、「院内感染対策マニュアルの作成」、「職員の感染対策」、「感染症や感染対策に関する相談の対応」等です。また病院外では、慶友会グループの老人保健施設等に対しての感染対策の研修や相談の対応も行っています。 感染症は診療科や老若男女も問わず全ての人に関わる可能性があります。近年は新たな薬剤耐性菌や新型のウイルスの出現の話題も聞かれ、感染対策は益々重要になってくると考えられます。我々ICTは院内全ての部署と協力し、出来る限り院内での感染症の発生を抑え、安心/安全な医療を提供できるように努力いたします。

看護師(ICT)
ICT 感染管理認定看護師 前川浩亮(写真:左手前)

平成30年度 看護部の目標

<活動方針>

・看護職員のモチベーションを高め、業務の標準化と個々の能力の開発に努め、患者が求めている看護を提供する

・倫理的感性と医療安全の能力を高める

・次期リーダー育成・補助者教育強化をはかる


看護部目標(バランスト・スコア・カードにて維持・管理)

1.人材育成

  • 看護部教育目標に基づく教育の実施
  • 倫理研修
  • 外部研修活用による人材育成
  • 「私の記録」、人事考課目標を活用しての人材育成
  • 人事考課結果の賞与への反映、及び年間最優秀者
    (Person of the Year)の表彰
  • 認定看護師等資格取得者の支援
  • 職員満足度の向上
  • 看護補助者教育強化

2.業務改善、多職種との連携強化

  • 5S活動による業務整理
  • 医療安全対策強化
  • 業務改善推進
  • 患者中心のチーム医療の推進
  • マニュアル・手順書の再評価と活用の適正化
  • 看護必要度、看護インジケーターによる看護状況の把握
  • ワーク・ライフ・バランスの推進(残業時間 0を目指す)

3.患者満足度の向上

  • 患者ニーズへの積極的対応
  • 接遇強化
  • 安全・安楽・確実なケア
  • 専門的看護の充実

4.医業収支の改善

  • 業績状況の把握と収支管理
    ① 業務の整理・改善による適正人員配置
    ② 医療消耗品・薬剤の適正在庫管理
    ③ 医療廃棄物の適正分別と管理
  • 稼働率、在院日数の目標値維持
  • 診療単価の評価
  • 人員管理

Page Top