吉田病院TOP > 吉田病院について > 各部署紹介 > 薬剤課

薬剤課

薬剤課

薬剤課について

特長

薬剤課内に留まらず積極的に病棟に行き、医師や他職種と連携し、感染対策やNST、化学療法などに従事しています。

目標

当院では薬剤師としてのさまざまな専門知識が求められています。各々がジェネラリストとして薬剤全般に対する知識、スキルを充実させる一方で、専門薬剤師の取得を目標にしています。しかし決して取得が目的ではなく、『全ては患者さまのために』自らのスキルを磨いてゆきます。

業務紹介

調剤・監査業務

外来処方は院外調剤で、主に入院患者さんの内服薬および注射薬の調剤を行っています。
電子カルテと連動した調剤機器を使用し、安全かつ業務の効率化を図っています。近年患者層の高齢化が進み、胃瘻など経管栄養の患者さんが増加しており、当院も簡易懸濁法を導入しています。

調剤・監査業務

薬剤管理指導業務

薬剤の適正使用やご自身で薬を管理する方への服薬支援を行うためにも薬剤管理指導業務に取り組んでいます。
また、電子カルテと連動したシステムを用いて効率化も図っています。

化学療法

安全キャビネットを用いた無菌的調整はもちろん、レジメン内容確認、説明、副作用等モニタリングを行っています。また化学療法委員会では、看護師が安全に投与するためのチェックリストの作成、被爆対策等の情報提供や抗がん剤勉強会などを行っています。

化学療法

医薬品管理

採用薬品の見直しや積極的な後発品への切り替えを、また緩和ケア病棟の開設に伴い使用量が増加している麻薬や向精神薬などの適切な管理を行っています。薬剤のコスト削減と過不足のない適正在庫管理を推進しています。

チーム医療への参加

緩和ケア、感染制御、NST、褥瘡チーム等経験年数にかかわらず、カンファレンスや回診に参加、多職種と連携し積極的に提案も行っています。
また成果や取り組みなどについて学会発表も始めています。

チーム医療への参加

Page Top