吉田病院TOP > 外来のご案内 > 各部署紹介 > 看護部

認定看護師

認定看護師

2017年認定看護師認定審査に1名合格しました

 2017年7月14日、認定看護師の認定試験合格発表があり当院6F病棟の守谷 奈津子さんが合格し、新たに"皮膚・排泄ケア認定看護師"が誕生しました。


皮膚・排泄ケア認定看護師の役割

 皮膚は人間の容姿に重要で、全身を包む大切な臓器です。また排泄は人間の基本的ニーズであり、生活において必要不可欠なものです。
 皮膚・排泄ケア認定看護師は、「創傷ケア」、「ストーマケア」、「失禁ケア」の3つを専門としています。
 創傷ケアでは、主に褥瘡予防や治癒促進のための処置やケアを医師と協力し行っています。また、健康な皮膚の維持や加齢や治療により生じる脆弱な皮膚へのスキンケア、医療関連機器圧迫創傷、スキンテア(皮膚裂傷)の予防やケアも行います。
 ストーマケアでは、ストーマや瞳孔周囲の皮膚障害へのケアや退院に向けてのセルフケア指導、相談を行います。
 排泄ケアでは、失禁により生じる皮膚障害に対するスキンケアを主に行います。また排泄用具の適切な選択や使用を行う事により、皮膚障害の予防や改善、悪化防止を行います。
 スキンケアや排泄ケアは患者様が生活の質を維持・向上していく上で重要となります。いかなる状況の患者様でも「健康な皮膚」、「快適な排泄」を維持する事が、治療や入院により生じる苦痛を緩和するケアの一つとなると考えます。
 皮膚・排泄ケア認定看護師として、その重要な役割を担い、多職種と連携して全ての患者様に対し、より質の高い看護を提供していきます。
また、私の所属する病院内に限らず、関連施設や地域の皆様にも貢献して参ります。

6階病棟 皮膚・排泄ケア認定看護師 守谷 奈津子
看護師(緩和)01

Page Top